CFA 資格

そろそろ試験の3ヶ月前なので、2020年12月のCFA Level IIに向けた勉強計画を立てる

6月から12月に試験日程が変更となっていたCFA試験が徐々に迫ってきました。

そろそろ勉強しなくては...とぎりぎりまで粘り続けて落ちた2019年の反省から、今年は計画的に勉強を進めていく所存です。

新型コロナウイルスの現状を考えると12月に本当に実施されるのか...?という思いがちらりと頭をよぎりますが、こればかりは信じて取り組むしかないですね。

スポンサーリンク

試験範囲

まずは試験範囲を再確認してみましょう。

試験内容は大きく変わらないという前提に、2019年のSchweserのテキストをベースに勉強を進めていきます(節約、節約...)。

Ethical and Professional Standards25
Quantitative Methods15
Economics13
Financial Reporting and Analysis26
Corporate Finance26
Equity38
Fixed Income25
Derivatives13
Alternative Investments14
Portfolio Management26
Practice Exams 122
Practice Exams 222
合計2155

2019年のSCHWESERのテキストでは、CFA試験は10章、21節、55項から構成されています。テキストの内容を一通り理解し、練習問題を繰り返し解けば合格できるはずです。

ただし、言うは易し行うは難し。

各項が約30ページずつ全体で1,600ページありますので、ゆっくりと進めていると古い内容から忘れていくんですよね(経験者)。

そういう意味では、テキストの勉強を早めに終わらせ、問題を解く中で苦手な内容を繰り返し復習した方がいいというのは前回の学びです。

スポンサーリンク

スケジュール

それでは、1日にどれぐらいのペースで勉強を進めていくのか考えてみます。

試験当日までの残り日数は、平日が65日、休日が31日あります。余裕をもってテキストは10月中に2週終わらせ、11月は練習問題を解く時間としたいと思います。

残りペース合計
平日42日1項42項
休日19日3項67項
9月~10月--109項

▲ 9月~10月は平日が42日、休日が19日ありますので、82項(41項 × 2週)を勉強し終えるためには、平日に1項、休日に3項程度を進めるのがよさそうです。

もちろん、計画通りに進まないことは容易に予想できるので、余裕があるときはペースを上げて進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

山積みのテキストを見ていると現状把握するのが最初の難関なのですが、今年は3ヶ月前から動き出すことができました。

勉強を始めるに際して過去の自分の反省を見直したりもしてみましたが、なかなか良いことを書いているなと我ながら思ってしまいました。

過去の反省を活かし、合格できるようしっかりと3ヶ月で仕上げていきたいと思います。

応援クリックお願いします!

Betmob|投資家ブログまとめメディア


CFA 資格
スポンサーリンク
インデックス投資家のアタマノナカ

コメント