私の資産形成 資産形成の実践

某個人投資家のインデックス投資実践録:12ヶ月目

インデックス投資で資産形成を目指すかちとりです。

2020年3月、世界の株式市場は新型肺炎の感染拡大が懸念され大幅に下落しました。ウイルスをきっかけとしたテールリスクは、多くの投資家にとって予測外だったと思われます。

投資家のパニックによる息をつく暇もない大幅下落の連続は、各国の経済政策や金融政策により一時的に落ち着いていますが、引き続き下目線でだらだらと下げ続けています。

こんな環境ではありますが、当ブログの1年間の運用を振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

運用実績

2019年度のリターンは、口座が-11.5%、60/40ポートフォリオが-6.2%でした。

昨年末までは基準をアウトパフォームしていた当ブログの運用でしたが、残念ながら直近2ヶ月でアンダーパフォームに転じました。

伝統的な60:40ポートフォリオに対して株式やREITを多く保有しているため、下落相場の自然な結果ではありますが、インデックス運用でもパフォーマンス改善を図りたいもの。

可能性があるのは、アセットアロケーションの改善か、投資タイミングの改善の二択だと思いますので、しばらくは先行研究などを調べてみようと考えています。

スポンサーリンク

投資行動

3月の投資行動としては、毎月の積立投資に加えて市場が下落した際に株式への追加投資をコツコツ行いました。

市場の変動を受けて行動するべきか否か意見が分かれますが、過去の購入単価を大幅に引き下げる機会ですので、個人的には余力があれば行動すべきだと考えています。

先日のブログ記事にも書きましたが、今後も株価の下落が続けば積極的に追加投資や株式、REITのみで構成されるポートフォリオへリバランスしていくつもりです。

スポンサーリンク

資産構成(含む現金)

資産の現金比率は、リスク資産の価格が下落したことで相対的に高まりました。

また、3月に昨年の不動産投資を受けた確定申告の還付金が数十万円単位で振り込まれたことも影響しています。

2019年度は、投資よりも節税やポイント活用など賢いお金との付き合い方についての新たな経験が多かったです。

これらの分野は詳しい投資家さんの情報にいつも助けられています。

スポンサーリンク

資産構成(除く現金)

こちらが2020年3月末時点のリスク資産のアセットアロケーションです。

株式:債券=70:30を目標としてきましたので、結果的には、目標のアロケーション近くで着地しました。

足元の株価下落で期待リターンが向上したと考えられますので、株式中心にリバランスを進めていこうと考えているのは前述の通りです。

スポンサーリンク

まとめ

ブログを書き始めた1年目のマイナスリターンは残念ではありますが、資産形成の初期に得た知識は将来の期待値向上につながるはずです。

2020年度の重要テーマ
  • 長期投資におけるアセットアロケーションについて研究
  • 長期投資における投資タイミングについて研究
  • 家計のキャッシュフローを改善

これからも新たな知識を収集しつつ、長期的な資産形成に取り組んでいきますので、今後とも宜しくお願いします!

コメント